B型肝炎のキャリア

Permalink

検診免疫機能は、成人になれば誰もがその機能を持っています。B型肝炎のウイルスに於いても同じように免疫機能が働き、不顕性感染で自然に治癒することが分かっているのです。中には、 急性肝炎を発症した後、一過性の感染を経て治癒に向かう方もいます。しかし、体内には極微量のB型肝炎ウイルスが肝臓に残る事が最近の研究で分かってきたのです。

中には、免疫機能がB型肝炎ウイルスを異物と認識できないことによって肝炎を発症しないことがあり、乳幼児や透析患者それに免疫抑制剤を使用者がこれにあたります。これらの方は、B型肝炎ウイルスを体内に保持した状態の持続感染者です。これらの人をさして、B型肝炎キャリアと呼びます。ジェノタイプB型やC型の一過性感染で発症する急性肝炎では、キャリア化することはありませんが、ジェノタイプA型のB型肝炎ウイルスの場合は、キャリア化する可能性があるのです。

約9割のB型肝炎キャリアの方は、無症候期から肝炎期へ入り、肝炎沈静期と移行した後、無症候性キャリアのまま生涯持ち続けます。しかし、約1割の方は、慢性肝炎から肝硬変そして肝ガンへと進行することになるのです。B型肝炎キャリアの方は、B型肝炎の抗体があるものと勘違いされる方もいますが、間違っています。定期的な肝臓検査を受けてください。


☆関連記事☆