B型肝炎にかかる要因

B型肝炎の感染予防

Permalink

B型肝炎にかかる要因は、ウイルスを保持しているB型肝炎感染者の血液や体液に直接触れることによって感染しますから、医療用の手袋などをして接することが大切です。空気感染や経口感染することはありませんのでご安心ください

注射B型肝炎の感染を予防するには、B型肝炎のワクチンを接種することが一番良いのですが、偶に副作用を起こされる方がいます。確立としては5%程度ですが、副作用になった人にとっては辛いものです。副作用には、発熱、発疹、筋肉痛や関節痛、腹痛からの下痢、吐き気、食欲不振、倦怠感、しこりや局所の疼痛、腫れなどが症状として現れます。稀に多発性硬化症や急性散在性脳脊髄炎、ギラン・バレー症候群、ショックやアナフィラキシー症状になる人がいますが、予防接種をした医療機関か救急病院で受診してください。B型肝炎ワクチン接種後、30分の間に急な副作用が起こる事がありますから、接種後すぐ帰宅せずに待合室で安静にしておくことが大切です。

B型肝炎の予防接種は、3回接種することになりますが、2回目は4週間後に接種し、3回目は6ヶ月後に接種します。そして、抗体ができたかどうかを1年に1度程度行ってください。尚、3回の接種で抗体持続期間は、15から20年です。


☆関連記事☆

B型肝炎のキャリア

Permalink

検診免疫機能は、成人になれば誰もがその機能を持っています。B型肝炎のウイルスに於いても同じように免疫機能が働き、不顕性感染で自然に治癒することが分かっているのです。中には、 急性肝炎を発症した後、一過性の感染を経て治癒に向かう方もいます。しかし、体内には極微量のB型肝炎ウイルスが肝臓に残る事が最近の研究で分かってきたのです。

中には、免疫機能がB型肝炎ウイルスを異物と認識できないことによって肝炎を発症しないことがあり、乳幼児や透析患者それに免疫抑制剤を使用者がこれにあたります。これらの方は、B型肝炎ウイルスを体内に保持した状態の持続感染者です。これらの人をさして、B型肝炎キャリアと呼びます。ジェノタイプB型やC型の一過性感染で発症する急性肝炎では、キャリア化することはありませんが、ジェノタイプA型のB型肝炎ウイルスの場合は、キャリア化する可能性があるのです。

約9割のB型肝炎キャリアの方は、無症候期から肝炎期へ入り、肝炎沈静期と移行した後、無症候性キャリアのまま生涯持ち続けます。しかし、約1割の方は、慢性肝炎から肝硬変そして肝ガンへと進行することになるのです。B型肝炎キャリアの方は、B型肝炎の抗体があるものと勘違いされる方もいますが、間違っています。定期的な肝臓検査を受けてください。


☆関連記事☆

B型肝炎の感染原因

Permalink

B型肝炎のウイルスは、ヘパドナウイルス科オルソヘパドナウイルス属に属するDNAウイルスで、B型肝炎の原因とされるウイルスで、HBVと呼ばれるものです。成人の場合は、免疫機能が確立していますから、感染しても微量のHBVが肝臓に残るものの不顕性感染で自然に治癒していきます。

HBVは、感染力が非常に強いウイルスで、感染者の血液や体液から感染するものです。1つ目の感染経路としては、B型肝炎を持った母親から分娩の際に子どもに移ったりします。2つ目は、過去に遭った事例で、医療従事者の針刺し事故や予防接種での注射器の使いまわしが原因でHBVに感染したり、汚染された血液の輸血に伴って感染するなどですが、現在ではこのようなことは起きていません。

これに該当する昭和16年7月2日から昭和63年1月27日生まれでB型肝炎の方は、国からの給付金の対象となっていて、症状によって50万円から3600万円給付されます。また、弁護士へB型肝炎相談をすることで給付金をスムーズに受け取ることが出来ます。対象者は検討してみることをオススメします。

性交渉その他の原因としては、性交渉ピアスの穴あけそれに入れ墨などで器具を適切に消毒せず繰り返し使用した場合など、また注射器を共用し麻薬などを注射した場合が考えられます。特に、HBVキャリア(感染していても発症しない人)の人と性交渉を持つ時は、感染症予防効果のあるコンドームを使用するか、HBV未感染の方は、B型肝炎ワクチンを接種しておくことが大切です。B型肝炎の感染を防ぐには、感染者の血液や体液が直接または間接的に他人につかないよう注意をすればまず問題はないと思います。


☆関連記事☆

Top