B型肝炎の感染原因

Permalink

B型肝炎のウイルスは、ヘパドナウイルス科オルソヘパドナウイルス属に属するDNAウイルスで、B型肝炎の原因とされるウイルスで、HBVと呼ばれるものです。成人の場合は、免疫機能が確立していますから、感染しても微量のHBVが肝臓に残るものの不顕性感染で自然に治癒していきます。

HBVは、感染力が非常に強いウイルスで、感染者の血液や体液から感染するものです。1つ目の感染経路としては、B型肝炎を持った母親から分娩の際に子どもに移ったりします。2つ目は、過去に遭った事例で、医療従事者の針刺し事故や予防接種での注射器の使いまわしが原因でHBVに感染したり、汚染された血液の輸血に伴って感染するなどですが、現在ではこのようなことは起きていません。

これに該当する昭和16年7月2日から昭和63年1月27日生まれでB型肝炎の方は、国からの給付金の対象となっていて、症状によって50万円から3600万円給付されます。また、弁護士へB型肝炎相談をすることで給付金をスムーズに受け取ることが出来ます。対象者は検討してみることをオススメします。

性交渉その他の原因としては、性交渉ピアスの穴あけそれに入れ墨などで器具を適切に消毒せず繰り返し使用した場合など、また注射器を共用し麻薬などを注射した場合が考えられます。特に、HBVキャリア(感染していても発症しない人)の人と性交渉を持つ時は、感染症予防効果のあるコンドームを使用するか、HBV未感染の方は、B型肝炎ワクチンを接種しておくことが大切です。B型肝炎の感染を防ぐには、感染者の血液や体液が直接または間接的に他人につかないよう注意をすればまず問題はないと思います。


☆関連記事☆